公益社団法人 上方落語協会

search

会長のご挨拶 8月

暑中お見舞い申し上げます。

  何かにつけ上方落語に肩入れして頂き、ありがとうございます。
大阪に4回目の緊急事態宣言が発令されるという、まさかの8月となりました。

  さて、コロナ禍で始まった東京オリンピックも中盤になり、アスリートのパフォーマンスに魅了される毎日です。
それと同時に今回のパンデミックで、色々なことを教えられています。

  暇に任せてベランダに植えた紫陽花、アサガオ、日々草、きゅうり、ゴーヤなどに水やりをして、人間も自然と共に生きていることを感じ、あぶり出される様々なことをふと思うと、コロナ禍は人間の自然への不敬から始まったと言われていることに、異論の余地はないように感じます。

  つくづく医療従事者の皆様始め、最前線で働いておられる全ての皆様に、心より感謝申し上げます。
コロナ収束後は、我々の出番だと思いつつ、今になり歯がゆさを感じております。
一日も早く出番が来るのを、祈るばかりです。

そんな中、おかげさまで今年9月15日、天満天神繁昌亭は開場15周年を迎えます。
ご贔屓の皆様から頂戴した浄財で建てられ、支えられてあっという間の15年。
既報のとおり、お客様への感謝の気持ちを込めたイベントを開催する運びと成りました。

  オープンと10周年は、天六「大阪くらしの今昔館」から大阪天満宮まで、赤い人力車と共に噺家が「お練り」をさせていただきました。
  しかし今回は、コロナ禍で大変な時期ですので、地に足をつけて、お客様に感謝の気持ちを伝えたいとの思いから、各一門(5流派)が、8月30日(月)から一週間ずつ5週にわたり、色合いと芸で勝負することと致しました。

コンセプトは、『次の15年に向けて』
次の15年に向け、
・松鶴(森乃・明石家)一門〈8月30日(月)〜9月5日(日)〉
・春団治(露の・立花家)一門〈9月6日(月)〜9月12日(日)〉
・文枝一門〈9月13日(月)〜9月19日(日)〉
・林家一門〈9月20日(月)〜9月26日(日)〉
・米朝(月亭)一門〈9月27日(月)〜10月3日(日)〉

初日の8月30日(月)は、開演前に舞台でのオープニングセレモニーで華やかに開幕。
9月13日からの一週間は、夜席も多彩な内容の特別公演でお楽しみ頂きます。
もちろん、15周年の9月15日(水)は、「繁昌亭15周年生誕落語会」と題し、会長、副会長、前会長勢揃いいたします。

『繁昌亭15周年記念特別公演』
各一門が色を出し芸を競うことで、結果的にお客様に喜んで頂ける出し物になると確信しております。
それが、お客様への最善の御礼になると思っております。
さらに、ご来場のお客様には、もれなく最新「噺家サイン寄せ書き」、最新「繁昌亭ネタ番付」の特製手拭いを、いずれか一本プレゼントさせていただきます。
客席は、50%以下の102席で発売中です。
何卒、ご期待の上ご来場くださいませ。

  15年後、30周年にはこの辺りが「繁昌亭横丁」と言われているような風情のある町並みになるよう、平成・令和に入門の噺家で、人気実力のある噺家がきら星の如くいるように、大事なスタートにしたいと思います。

8月も夏休み特別ウイークとして、
・笑福亭由瓶「第15回繁昌亭奨励賞受賞記念ウイーク」〈8月2日(月)〜8日(日)〉
・親子で楽しんでいただける「恒例 夏休み親子ウイーク」〈8月9日(月)〜15日(日)〉
など等、 感染症対策を徹底して、通常通り公演しております。
「笑って免疫力を高めよう」、涼しい繁昌亭で、お待ちしております。

    

上方落語協会
会長 笑福亭仁智