公益社団法人 上方落語協会

search

会長のご挨拶 5月

 いつも上方落語にエールを送っていただきありがとうございます。

 先日テレビで、「このまま夫婦同姓でいけば500年後には、日本人全員が佐藤さんになる」という衝撃的なニュースが流れました。 
 ということは、野球中継で、アナウンサーが「伝統の阪神ー巨人戦、本日の先発は佐藤、キャッチャー佐藤、一塁佐藤、セカンド佐藤、ショート佐藤、サード佐藤、、、解説はお馴染み佐藤さん、実況担当は私佐藤でお送りいたします」となるのでしょうか。
   日本は世界唯一法律で「夫婦同性」が原則とされ、女性の95%が結婚して姓を変えるそうです。その結果、「水田真里さん」や「織田麻里さん」、「安藤奈津さん」が誕生することになります。

 韓国は、「夫婦別姓」ですが、ハングル表記で同姓同名が多くなる現象があるようです。韓国女子ゴルフの元賞金女王で、2019年全米女子オープンで優勝 した、イ・ジョンウン6選手は、プロデビューした時すでに「イ・ジョンウン」という選手が5人いたので登録名を「イ・ジョンウン6」にしたそうです。

 日本人の名字で多い順ベスト5は、1位「佐藤さん」約183万人、2位「鈴木さん」約177万人、3 位「高橋さん」約138万人、4位「田中さん」約131万人、5位「伊藤さん」約105万人という順番。
 逆に少ないベスト5は、1位「竈門(かまど)さん」約10人、2位「左衛門三郎(さえもんさぶろう)さん」約10人、3位「不死川(しなずがわ)さん」約10人、4位「鰻(うなぎ)さん」約20人、5位「小鳥遊(たかなし)さん」約30人。 漫才「銀シャリ」の鰻さんは、全国約20人の中の一人、また我が家の旦那寺明教寺のご住職は、全国に約10人しかいない不死川さんです。
 その他、落語「寿限無」の枕でよく紹介される珍しい名前で言えば、「四月一日(わたぬき)さん」(この時期着物の綿を抜くので)。「一(にのまえ)さん」。「八百屋(やおや)さん」、宮崎県の「素麺(そうめん)さん」、「酢(す)さん」、「味噌(みそ)さん」、「昆布(こんぶ)さん」に、「鰹(かつお)さん」に、「具流多民(グルタミンさん)」。すみません、グルタミンさんはウソです。

 「名は体を表す」と言いますが、名前のイメージはその物や人のイメージが反映されます。 噺家の襲名もそんな理由が少なからずあると思います。

 今回発表された上方落語の桂ざこば一門の3人の中堅、桂ひろばさんが桂を名乗る落語家の始祖「桂文治」の高弟「桂力造」を継ぎ、『二代目 桂力造』、 桂ちょうばさんが戦後の上方落語復興に尽力された「桂米之助」の名前を継ぎ、『四代目 桂米之助」、桂そうばさんが「初代 桂文治」の本名を継ぎ、『二代目 桂惣兵衛』をそれぞれ襲名されます。披露公演は、来年3月の予定です。

 これに先立ち2月には、桂文枝一門で五代目桂文枝師の弟子桂枝光さんが『四代目 桂 梅枝』を、また当代桂文枝師の弟子桂三風さんが『五代目 桂 慶枝』を襲名することがそれぞれ発表されました。
 披露公演は、10月の予定。
 みなさん、ますます頑張って新しい名前を大看板にしてほしいものです。
 「よっ!待ってました!」

 今月は、「ゴールデンウィーク特別公演」が、3、4、5の3日間繁昌亭で、3、4、5、6の4日間喜楽館で開催されます。

 「お待ちしてまっしぇ〜」

公益社団法人 上方落語協会
会長 笑福亭仁智