公益社団法人 上方落語協会

search

会長のご挨拶 11月

今年は台風の被害があちらこちらに出ましたが

心よりお見舞い申し上げます。

台風21号の来る前に「髙坐招魂社」なる名称の社の鎮座祭がありました。

丁度「大阪天満宮」の北側、

「天満天神・繁昌亭」の楽屋を出て、東へ

池の西側、ウナギ屋さんの裏手に出来ました。

このお社には、祭神として、先輩師匠方が祀られております。

繁昌亭のロビーに、協会発足以来鬼籍に入られた噺家の写真が掲示されていましたが

きちんとお祀りしないといけない、とかねがね思っておりましたところ

岩井コスモ証券様から、協会発展のために御寄附頂いた中から

社を造ろうと大阪天満宮の宮司様に相談して土地をご提供頂きました。

「髙坐招魂社」

私と宮司様の合作の社の名前ですが、四天王をはじめ物故者をお祀りすることが出来て安心いたしました。

上方落語協会員は繁昌亭に出番があればその後先にお詣りしていただきたいと

思いますしまた「髙坐招魂社」には名人上手と呼ばれた師匠方を

お祀りしておりますから、こちらにお詣りしていただければ

お話が上手になること請け合いです。

スピーチを頼まれたけれどうまくいくかどうか心配だという方は是非お詣りください。

そして天満宮にはお守りも置いておりますので、

どうぞ、安心するためにもお持ちいただいたら成功間違いなしです。

ただ、鎮座祭の後すぐに台風21号が

大阪を直撃したものですから、心配で明くる朝早くに「社の屋根が飛んでいないか?」

と参りましたら、しっかりと鎮座されておりました。

やはり社の中の師匠方が守ってくださったんだと思います。

どうか繁昌亭にお越しの節は髙坐招魂社にもお詣りくださいませ。

季節の変わり目、皆様にはくれぐれもお風邪などお引きにならぬよう願っております。