ホットニュース

月亭可朝師、死去

3月28日、可朝師が急性肺線維症のため、80歳で極楽寄席へと旅立ちました。
三代目林家染丸師に入門し染奴となり、後に桂米朝師に師事し小米朝を名乗り、
1968年に月亭可朝と改名。

ギター片手に「嘆きのボイン」が大ヒット。
着物にカンカン帽にメガネをかけて高座を勤めるという新しいスタイルを編み出し
一風変わった落語家としてのイメージが強いのですが、古典落語の力量は相当なもので、
晩年、東京などでも独演会を開催するなど精力的に活動しておられました。

今では落語家がテレビなどに出て、タレント活動をするのが当然という認識ですが、
笑福亭仁鶴、桂三枝(現・六代文枝)らと並び、可朝師はタレント落語家の走りといえるかと思います。

衰退していた上方落語界に異彩を放つ存在として現れ、
人気を博し新しい落語ファンを開拓した功労者、月亭可朝師匠、ご冥福をお祈りいたします。

 

文・桂枝女太

関連記事

  1. ホットニュース

    第13回繁昌亭大賞決定!

    11月22日午後5時から、上方落語協会会館で、本年度の繁昌亭大…

  2. ホットニュース

    あっぱれ鶴笑!! 六代目笑福亭松鶴生誕百年祭

    9月3日から9日にかけて繁昌亭ならびに動楽亭で六代目笑福亭松鶴生誕百年…

  3. ホットニュース

    「天下一の軽口男~笑いの神さん 米沢彦八」打ち上げ

    2019年2月1日から17日まで、大阪松竹座にて上演されていた「天下一…

  4. ホットニュース

    四代目 桂春團治 誕生

    2018年2月11日(日)、大阪道頓堀『松竹座』において、…

  5. ホットニュース

    繁昌亭、6月はお休みです

    2006年9月15日にオープンした「天満天神繁昌亭」過去にメン…

  6. ホットニュース

    平成29年 各賞受賞者

    今年も上方落語協会の仲間たちが、さまざまな賞をいただきました。ざっ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. おんなの館・繁昌亭
  2. 初代桂文枝生誕二百年記念 初代から六代桂文枝ゆかりの資料展
  3. ハナシカ君 かつら文福
  4. 噺家お薦め~いっぺんおこしやす~ 桂米團治・亀の池 浪速編
  5. 繁昌亭リニューアルオープン

アーカイブ

  1. ホットニュース

    神戸新開地・喜楽館誕生
  2. ホットニュース

    喜楽館、オープン間近!
  3. ホットニュース

    【特集】神戸新開地・喜楽館、開場までのカウントダウン①
  4. ホットニュース

    「天下一の軽口男~笑いの神さん 米沢彦八」打ち上げ
  5. お楽しみ

    ハナシカ君 かつら文福
PAGE TOP