ホットニュース

第7回上方落語若手噺家グランプリ2021 優勝は桂小鯛 準優勝は桂二葉

今年で7回目となる恒例の「上方落語若手噺家グランプリ」が、

9月28日(火)午後6時30分から天満天神繁昌亭で開催されました。

 

7月に行われた予選を勝ち抜いた9名が出演。

新型コロナ感染対策で定員を半分以下に抑えた中で熱演が繰り広げられました。

 

「次代の落語家のスターを」をコンセプトに2015年から行われているこのグランプリは

アートコーポレーションの寺田千代乃名誉会長からアーツサポート関西へ500万円を寄付してくださった基金で始まったものです。


【出番前の出演者】

 

決勝に進んだのは、

桂九ノ一、月亭希遊、笑福亭智丸、笑福亭喬介、月亭遊真、

桂二葉、桂そうば、桂華紋、桂小鯛(決勝当日の出演順)。

 

優勝した小鯛さんのネタは自作の「落語夫婦」。

超落語ファンの夫婦が落語を愛するあまり、落語に登場する決まり文句で言い争うという噺。

「無我夢中でやりました。以前はどんなネタでと悩むこともあったのですが、

今回は目の前のお客さんに楽しんでもらうことだけを考えてこのネタにしました。

コロナ禍で落語ファンの、お客さんのありがたみというものを改めて感じ、

このネタが今の自分の気持ちに一番ピッタリなので演りました。ありがとうございました」

 

準優勝の桂二葉さんのネタは古典の「近日息子」

女性の落語家で初の受賞。

 

「嬉しいです!これって賞を貰ったって言っていいんですかね?(もちろんです)

賞というものをいただくのが生まれて初めてなんで・・

コメントも優勝用に考えてたのはあるんですけど、女性に古典落語は無理やでって

言われることがよくあって、そんなことないわって言えるのが一番嬉しいです」

 

決勝の審査員には在阪の各放送局のディレィターの方々に加え、今年から上方落語協会の

若手公演委員会から落語家も一人参加しました。

放送局の方の目に触れ、少しでもメディアで取り上げていただければ「次世代の落語家のスター」

にも近づけるのではないかと期待しています。

 

また優勝者には今後一年間、繁昌亭と喜楽館の昼席各6回、計12回の出演機会が与えられます。

小鯛さん、毎月どちらかの寄席の一週間の出番、お客様を大いに楽しませてあげてください。

 

桂 枝女太

 

関連記事

  1. ホットニュース

    第13回繁昌亭大賞決定!

    11月22日午後5時から、上方落語協会会館で、本年度の繁昌亭大…

  2. ホットニュース

    第4回若手噺家グランプリ決勝戦レポート

    史上初! ふたりの優勝者!第4回若手噺家グランプリ決勝戦&…

  3. ホットニュース

    あっぱれ鶴笑!! 六代目笑福亭松鶴生誕百年祭

    9月3日から9日にかけて繁昌亭ならびに動楽亭で六代目笑福亭松鶴生誕百年…

  4. ホットニュース

    二代目桂八十八師匠・襲名直前インタビュー!

    5月某日-緊急事態宣言が発令される中、記者が訪れたのは兵庫県尼崎市。オ…

  5. ホットニュース

    桂福車 逝く

    桂福團治門弟の福車が平成30年2月1日、56歳の若さで旅立…

  6. ホットニュース

    寂しくなりました

    昨年から今年にかけて、上方落語協会の会員の訃報が相次ぎました。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. コロナ禍でも粛々と
  2. 繁昌亭15周年をふりかえって
  3. 第7回上方落語若手噺家グランプリ2021 優勝は桂小鯛 準優…
  4. 将来の名人に聞く【桂文五郎 編】
  5. 将来の名人に聞く【笑福亭智丸 編】

アーカイブ

  1. ホットニュース

    早すぎるっ!笑福亭仁勇、逝く
  2. ホットニュース

    神戸新開地・喜楽館誕生
  3. ホットニュース

    月亭可朝師、死去
  4. ホットニュース

    オンライン繁昌亭の裏側!
  5. 落語名所

    『落語名所』企画特別編!
PAGE TOP