ホットニュース

芸術祭賞ウラばなし

コロナ禍はどこまでも悪影響を及ぼす。
昨年(2020)12月25日、令和2年度第75回文化庁芸術祭賞が発表された。大衆芸能部門関西参加公演の中から、文部科学大臣賞大賞に林家染二、新人賞に笑福亭喬介、そして優秀賞に斯くいうわたくし月亭文都が選ばれた。誠に
ありがたいことで、ひとえに日頃からご声援いただいているお客様のおかげと感謝を申し上げたい。

年が変わり本年1月25日、本当ならリーガロイヤルホテル大阪で表彰式があり、そのあと受賞記念の懇親会が執り行われる予定であった。しかし、時節柄、大勢集まっての飲食は厳禁と懇親会は止むなく敬遠するとの知らせ。これ
ばかりは仕方がない。文部科学省のお偉方や同じく受賞した宝塚月組のタカラジェンヌ、はたまた市川猿之助丈も来られていれば、グラス片手にお近づきになり少なからずご挨拶できたのに。
ところが大阪に緊急事態宣言が敷かれ、肝心要の表彰式までもが中止になったと聞いて愕然とした。
「賞状とトロフィーはご自宅に郵送します」
「賞金は振り込みます」
「受賞の喜びの声はホームページに掲載するので200字以内で書いてください」
なんとも味気ない限りである。こんなところにもコロナが波及してくるとは。

◇文化庁芸術祭の受賞コメントはこちら

その後、送られてきた大きなダンボール箱には、トロフィーとして信楽焼の名人が焼いたという重厚な置きもの、賞状とそれを納める筒、立派なのし袋を開けると中には賞金の目録だけが入っていた。
うれしいには違いないが、やはり感動的なセレモニーがなかったのはさみしい。
ところが、このたび光栄なことに大賞を獲られた染二兄の企画で「受賞者の会」を開催する運びとなった。式典のなかった我々に、特別ゲストの八方師から表彰してもらえるという。なんとも心憎い演出ではないか。
3人それぞれが受賞対象となったネタを披露する。
8月29日(日)午後1時開演。池田市民文化会館大ホールに是非お越しくださいませ。詳細はこちらをクリック

月亭 文都

関連記事

  1. ホットニュース

    繁昌亭リニューアルオープン

    2006年9月にオープンした天満天神繁昌亭が、6月いっぱい、一ヶ月間の…

  2. ホットニュース

    喜楽館にて「米朝ウィーク」開催される

    11月2日から8日の1週間、「米朝ウィーク」と銘うった特別興行…

  3. ホットニュース

    月亭可朝師、死去

    3月28日、可朝師が急性肺線維症のため、80歳で極楽寄席へと旅…

  4. ホットニュース

    やっと、やっと始まりました。

    3月3日からコロナウィルス感染拡大防止対策のため休止していた繁昌亭昼席…

  5. ホットニュース

    オンライン繁昌亭・昼席公演ライブ配信

    まだまだ新型コロナウィルスの脅威は去っておりませんが、皆様お変わりなく…

  6. ホットニュース

    初代桂文枝生誕二百年記念 初代から六代桂文枝ゆかりの資料展

    初代の桂文枝は幕末から明治にかけて活躍した落語家で、現在、上方で「…

おすすめ記事

最近の記事

  1. コロナ禍でも粛々と
  2. 繁昌亭15周年をふりかえって
  3. 第7回上方落語若手噺家グランプリ2021 優勝は桂小鯛 準優…
  4. 将来の名人に聞く【桂文五郎 編】
  5. 将来の名人に聞く【笑福亭智丸 編】

アーカイブ

  1. ホットニュース

    笑福亭仁智新会長に聞く。
  2. ホットニュース

    繁昌亭15周年記念特別公演 9/20(月)~26(日) 林家染丸一門ウィーク ”…
  3. 将来の名人

    将来の名人に聞く【桂三実 編】
  4. 将来の名人

    将来の名人に聞く【桂慶治朗 編】
  5. 将来の名人

    将来の名人に聞く【笑福亭智丸 編】
PAGE TOP